トップイメージ
Home防草、舗装土

楽土 sampleカタログ sample技術資料 sample納品実績

特長
優れた性能……透水性に優れ、施工の翌日には歩けます。
施工が簡単……所定の厚さで均し、水を掛けるだけ!

用途
防草土、歩経路舗装(公園の歩道、庭の通路、物干し場など)
防草土……3cm厚さで施工して下さい。草が生えません。
舗装土……5cm以上厚さで施工して下さい。歩行出来ます。

楽土画像

荷姿(練りあがり容積)
NET 25kg(13.5リットル/袋) (クラフト2P袋)
標準使用量……施工厚さ3cm>>2.2袋/m2  施工厚さ5cm>>3.7袋/m2

ページトップへ

施工手順

【前工程】
「楽土」の出来上がり、耐久性は前工程(路盤)の良否で決まります。丁寧、確実に行って下さい。
(1)施工する場所を除草します。
(2)施工する場所が軟弱な地盤の場合はバラスを敷き込んで充分に填圧します。
(3)水勾配、排水を考慮した上で平滑に均します。


【施工】
【敷き均し】
「楽土」を施工場所に所定の厚さに敷き均します。
(1)施工面積と施工厚さで割出した必要量の「楽土」を準備します。
(2)「楽土」を開封し、所定の厚さに敷き込みます。
(3)スコップ、レーキなどを使って粗均します。
(4)定木(まっすぐな板で可)や木鏝などを使って締め固めながら平滑にします。
【散水】
「楽土」は水と反応して硬化します。必ず規定量の水を散水して下さい。
(1)規定量の清浄な水を準備します。……3.0〜3.4リットル/袋
(2)準備した水をジョウロで均等に散水します。
※散水は一度で行っても良いのですが、均一性を欠き易いので、二度に分けて行うことをお奨めします。
二度目の散水は一度目に散水した水が浸透し、歩行出来る状態になって行って下さい。

「楽土」は施工の翌日には歩行できます。以下の点に注してお使いください。
(1)下地の地盤に水が浸透し緩んでいます。一ヶ所に重量を掛けないで下さい。
(2)施工後、当分の間は施工した「楽土」の表面に砂粒が浮き出ます。掃除しながらお使い下さい。
(3)施工後3ヶ月間は硬くなり続けます。凸凹の修正などは早めに行って下さい。
(4)湿気の多い場所に施工された場合、結合材の白華(白くなる)や苔の発生があります。
(5)日向や風の通る場所に施工された場合、結合材が充分硬化せず、表面に粉を吹き易くなりますので、施工後の一週間程度は毎日1回以上散水養生して下さい。

【注意事項】
本製品は普通ポルトランドセメントを主要結合材としています。粉塵がたち易く、水に濡れると強アルカリ性を示します。取扱に際しては保護具(防塵マスク、ゴム手袋等)をご着用下さい。万一、皮膚に付着した時、眼に入った時、吸引した時、飲み込んだ時は直ちに洗浄等の応急処置を施して速やかに専門医の診察を受けて下さい。

本製品に石綿、蛇紋岩、樹脂類、有機溶剤、有害量の塩分は一切混和していません。

ページトップへ
Copyright (C) yokobussan All Rights Reserved.